一口に看護師といっても様々な勤務先がありますが、眼科の看護師の需要はとりわけ高いです。

そもそも眼科の看護師の仕事内容は、医師が視力検査や眼圧測定や診察を行う時に必要な器具を用意するのはもちろん、コンタクトレンズなどの視力を矯正するための処方を行います。
さらに、白内障などの手術を行う際のサポート、術前後の看護ケアや入院中の患者のサポートなども仕事内容に含まれています。
患者は目が不自由なので、相手の立場になって看護する能力が必要です。

眼科看護師の最大のやりがいは、患者の視力が上がり、はっきりと物が見えるようになる瞬間に立ち会えることです。
もちろん病気で入院していた患者の体調が良くなった際も、喜びにつながります。

しかし、視力の回復ほど短期間で自覚できる症状というのは、なかなかありません。
特に白内障の症状で悩んでいた患者の場合、長年はっきりと目の前の物が見えない状態が続いているケースがほとんどです。
そんな患者が手術後に眼帯を外した瞬間、大喜びしてくれるシーンに立ち会うことができます。
患者が視力を取り戻した瞬間を目の前で見届けられるのは、眼科看護師の醍醐味と言えるでしょう。

その他、眼科でしか扱われない特殊な器具や器械などを使えることもやりがいと言えます。

眼科は特殊な分野なので、看護師も覚えなければならない知識や器具がたくさんあります。
つまり、医療機関の専門職として働けるという魅力があります。

そんな魅力ある眼科で働きたいのなら、<眼科のお仕事を知ろう>にて仕事内容や必要なスキル、転職方法などの仔細な知識を得ましょう。