眼科では採血や注射をする必要がなく夜勤も存在しないと言われているため、できる限り無理なく働きたい看護師は注目しているでしょう。
確かにそのような職場は存在しているため、給料が下がっても良いと考えるのなら、働くのは間違いではないでしょう。
しかし、選択を間違ってしまうと、とても楽とはいえない眼科に勤めることになるので、気をつけなければなりません。

眼科によっては採血や注射や夜勤があり、機器の操作を新たに覚えなければならないケースもあります。
そのため、以前に勤めていた医療施設よりも、ハードな仕事を割り当てられる可能性もあります。

もし患者の世話に疲れて、できるだけ無理なく働ける職場を探したいのなら、手術や入院をするための設備が用意されていないところを選ぶのが大切です。
そこなら、入院中の注射や採血、患者の看護などを行わなくても済むようになります。

機器の操作が苦手であれば、視能訓練士が勤めている眼科を選ぶと良いでしょう。
そうすれば各種の検査は視能訓練士が行うため、看護師は人手が足りない際に補助したりするのみになります。

もちろん、自身が希望する条件をすべて叶えてくれる医療施設を見つけるのは難しいものです。
そのため、まずは自身が何を一番辛いと思うのかをしっかりと把握することが大切です。
それを避けられる眼科を見つけることができれば、看護師として快適に働き続けることができるでしょう。