看護師が眼科に勤務した際のやりがいは多々あります。

眼科で働く看護師は、専用の機器を検査の際に使用することで、その機器の使用方法や検査方法などの専門知識を身につけることが可能です。

また、眼科の看護師は、業務内容として患者への治療や経過の説明や目薬のさし方の指導なども行います。眼科領域の知識を、患者とのコミュニケーションを通して深めていくことができるのが魅力です。

眼科は入院施設を持たない医療機関が多いので、夜勤がほとんどなく、医療機関としては小規模な病院が多いのも特徴です。
入院施設がある総合病院の眼科の場合でも、外来担当の看護師であれば夜勤はありません。
日勤のみで勤務したい、あるいは何かの事情で夜勤ができないといった看護師には、眼科勤務は働きやすい職場でしょう。

眼科勤務の看護師は、他の診療科と比較すると心身の負担が少ないといった特徴もあります。
他の診療科では不自由な体の患者を支える業務や介助する機会も多いですが、眼科ではこれらの業務があまりないためです。
さらに、命の危機のある患者が眼科は少ないので、他の診療科と比較して、看護師の抱えるプレッシャーも少ないです。

ただ、眼科の看護師は専門知識が身につきますが、その分新たに覚える必要がある目の疾患や検査方法などが大変多いとも言えます。
また、眼科は夜勤がない場合が多く、給料が他の診療科と比較するとやや少ないといったデメリットもあります。